シロギス釣りの仕掛けについて

シロギスの基本の仕掛け シロギス釣りの仕掛けといえば基本は左にある画像のような仕掛けになるかと思います。基本的な市販品を買うと大半がこの仕掛けになると思います。市販品だと片方を結んで、引っ張り出すだけですぐに釣りができるような形になっているので初心者さんには特にオススメです。また、ベテランになっても市販品で十分という方も多い。

 この仕掛けは一般に吹き流しと呼ばれるもので、海底でエサを漂わせるのに特化しているのが特徴です。ハリが底を這うので根がかりしやすかったり、底と針先が擦れてしまい針先が鈍くなったり、ラインが擦れてダメージを受けたりというデメリットがある。広いサーフで良く使われる仕掛けです。

根がかりしにくい胴付き仕掛け

シロギスの胴付き仕掛け 上で紹介した吹き流しの仕掛けに対して、根がかりしにくいのが胴付き仕掛けです。重りが一番下についてることによって、ラインを張っていればハリが海底に触れないようになっています。底から一定の高さに保つことができるのですが、徹底して底で釣りができるわけではないので、シロギス以外の外道も釣れやすい。メリットと取るかデメリットと取るかは釣り人次第です。

ビーズはある方が良い?ない方が良い?

ビーズ ハリのちもとにビーズをつけて仕掛けを目立たせる装飾をすることがあります。これは市販品でも標準的につけられているものもあったり、ないものもあったりと様々です。濁りがあるときに有利だとか、食い渋りのあるときは良いとか、逆にフグにばかり齧られて良くないとか、賛否両論がある仕掛けの1つです。

 ちなみに個人的な意見としてはあってもなくてもそれほどの大差を感じたことがありません。でも、何かあると困るので両方の仕掛けを一応ボックスには忍ばせています。

Page top icon