シロギス釣りのシーズンや釣れる条件について

 シロギスは基本的には年中狙うことができるターゲットです。が、もちろん、釣りやすい時期、釣りにくい時期が存在します。このページではそういったシーズン的な要素の話、潮周りの話、天候などの話をちょろっと紹介してみたいと思います。(もちろん、地域的な特色や誤差はあるので、ある程度一般的な事柄を書いているつもりです。)

シロギスの春(3~6月頃)

春のサーフ 4月の上旬からシロギス釣りが本格化してきます。とはいえ、まずは船でのシロギス釣りからになります。地域によってはボート釣りなんかで狙えるようなところもあります。そして5月に入る頃~梅雨頃から投げ釣り自体、本格シーズンインとなります。

シロギスの夏~初秋(7~9月頃)

夏のサーフ この頃が釣り的にはもっとも活性が高く面白い釣りができるシーズンでもあるのですが、一部のサーフではサーフィンや海水浴などで早朝のみの釣りになったりもします。8月頃はシロギスの産卵期になり、秋の毛色が見え始める頃から数釣りを楽しむことができる時期になります。

シロギスの晩秋~冬(9~12月頃)

晩秋のサーフ 地形やポイントによって異なるのですが、一般的に徐々にシロギスが深場へと落ちていく時期になり、釣り難くなってきます。群れ自体はかたまっているわけではなく、広くちりじりになっているような感じなので、細く長くダラダラと釣れるような感じになります。急深なポイントなどではまだまだ釣りやすいこともありますが、基本的には徐々に釣り難くなっていきます。

シロギスの冬(1~3月頃)

厳寒期のサーフ ほとんどのシロギスが深場へと落ちていっている状態です。基本的にシロギス対象の投げ釣りはオフシーズンだと呼ばれる時期です。よほどの好条件がそろっている水温が安定している地域や、近くに急深なかけあがりがあるようなポイントでない限り、サーフからシロギスを狙うのは難しくなってきます。

シロギスが好む潮

潮目 他の魚でもそうなのですが、大きく潮が動いている大潮のときの方がシロギス自体は釣れます。が、潮が早すぎて釣りにならない、荒れすぎて仕掛けが大変なことになるなどの場合は、潮が緩やかなときの方が釣りがしやすくなるため、釣りやすくなります。

シロギスが好む天候

快晴 晴れでも曇りでも多少の変化はありますが、どちらでも基本的には釣りやすいです。が、風が強かったり、雨が降ったりして、底荒れすると一気にシロギスの食いが悪くなります。また、雨上がりの河口では川の濁った水が流れ込んできたりすると2~4日釣れなくなるようなこともある。

 また、シロギス自体の好き嫌いではありませんが、サーフでの投げ釣りでは向かい風と横風には非常に弱いです。向かい風であれば、キャストが遠くまで飛ばない程度の話なのですが、横風の場合はラインに大きなたるみができるため、辺りをとに難くなったりします。可能な限り、横風にならない方向で釣りができるポイントを探すことをオススメします。

Page top icon