シロギスを使ってさらに大物を狙う!

マゴチ この画像はマゴチですが、シロギスを使ってこのマゴチか、ヒラメなんかを狙うのも一興です。もしも、リリースサイズのピンギスが釣れるのであれば、置き竿を使用してぜひとも狙ってみてください。マゴチやヒラメはシロギスと似たようなポイントに生息している魚ですので、狙ってみる価値は十分あります。釣れなくても一興、釣れるなら大金星というところでしょうか??

ヒラメ、マゴチ釣りの仕掛けについて

投げ竿 サーフからヒラメやマゴチを狙うのであれば、基本的に手持ちの投げ竿で挑んでみてもOKです。ただし、あまりにも大物が掛かると取り込めない可能性も出てきますが・・・。ボートからであれば、以下のようなタックルがオススメです。(シロギス竿でも可能ですが、水深が深くなると厳しくなります。)

  • 竿:1.8~2.4m程度のマゴチ竿がオススメ
  • リール:小型の両軸リール
  • 道糸:PE2号、またはナイロンライン4号
  • オモリ:鋳込みテンビン10~20号
  • ハリス:フロロカーボンライン4号、1.5m程度
  • ハリ:スズキ針15号前後

ヒラメ・マゴチ狙いの仕掛けのイメージ図

 ざっくりした仕掛けのイメージはこんな感じです。かなりシンプルな仕掛けなので、何セットか分を持ち歩いておくと良いかもしれませんね。

ヒラメ、マゴチ釣りの釣り方について

 ピンギスやメゴチ、イワシなんかの活き餌を使い、沈めて放っておくだけです(泳がせておくだけの放置プレイw)。こまめに活き餌を取り替えると釣果が良くなることもありますが、シロギス釣りをメインに立てているのであれば、ほんのたまに確認する程度でもいいかもしれません。穂先がコツコツ動いているかだけを確認してやればそれでも十分です。

ヒラメをゲット また、活き餌が泳いでいるうちは穂先がコツコツ程度ですが、マゴチやヒラメがかかると穂先の動きが大きくなります。ここで慌ててアワセを入れると逃がしてしまうことが多いので、しっかりと竿が絞り込まれるまで待つと良いと思います。青物釣りなどではタバコ1本吸い終わるくらいまで待てとも言われるくらいですが、ヒラメなんかもそうですね、早アワセはご法度です。

Page top icon