シロギス釣りのラインの選び方

 投げ釣りのラインはいくつかの種類のものを複数合わせて使うのが基本となります。また、サーフから遠投する場合と、波止からちょい投げで使うライン、船から落として釣るような場合もそれぞれラインシステムが異なります(一番ライン工程が多いのはサーフからの遠投)。このページではそれぞれのラインの役目や選び方を紹介してみたいと思います。

シロギス釣りのラインの選び方-道糸+力糸編

 道糸はシロギス釣り以外でも使う部分のラインであり、一番長い部分(リールに巻いている部分)です。が、投げ釣りに関してはキャストの際にラインにかかる負担がハンパないので、力糸というものが道糸とオモリ(テンビン)の間に大体10m前後程度付けます。基本形の仕掛けは、道糸の先に力糸を結ぶのですが、初心者のうちや特にこだわりがない場合は道糸と力糸がセットになったものが市販されていますので、それを使うことをオススメします。

ちから糸と道糸がセットとセットじゃないのどっちが良い?

 ライン同士を結ぶことに長けているならセットじゃない別々のものが良いです。理由は根がかりしてラインが切れたときのロストが大きいからです。力糸と道糸を結んでいるならその部分で切れますので、単純な結びなおしで済むからです。

 基本的なラインの号数は道糸が0.8号だと思います。細くしたい場合で0.6号、大型専門で太くしたい場合でもせいぜい1.2号までです。

 ラインの素材はナイロンライン、フロロカーボンライン、PEラインとありますが、現在の主流はPEラインです。が、もちろんPEラインも万能のラインではありません、メリットとデメリットがそこにはあります。

PEラインのメリット・デメリット

 なんと言っても伸びが少ないため、感度が高くアタリが取りやすい。そして強度が強いのでかなり細いラインを使用することができます。ただ、根ズレに弱いのと、絡んでしまうと二度と解けないようになってしまったり、解けたとしてもそこの部分で切れやすくなるなどのデメリットがあります。また使用感に慣れない方もいます。一度使ってみてあわないようであれば、ナイロンラインという選択肢もありですね。

シロギス釣りのラインの選び方-道糸+力糸編

ダイワ サーフキャスターちから糸付4色ラインR

 力糸付きですのでこちらも結び目が気になりません。PEラインと異なり、リールにもなじみやすいですし、風の影響もやや少ない、沈みやすく、伸びがあり腰がある。逆にいうなればラインに糸グセがつきやすく、伸びるので感度と飛距離の算出の正確性には難ありです。

楽天で探してみる
Amazonで探してみる
Yahooで探してみる

シロギス釣りのラインの選び方-砂ズリ糸

 砂ズリ糸はオモリ(テンビン)のすぐ後ろにつけるラインで、仕掛けが海底でスレたり、テンビン自体に糸絡みするのを防ぐ役割があります。基本、太めで硬いラインを使うか、2本(3本)ヨリのラインを使うことが多い。

シロギス釣りのラインの選び方-幹糸

 仕掛けに使用するラインの幹となるラインで、別名で元スと呼ぶこともあります。張りのある絡み難い物を使うのが一般的です。基本のシロギス釣り仕掛けを購入して使うのであればこの辺りは悩む必要はないところです。

シロギス釣りのラインの選び方-ハリス

 仕掛けに使用するラインで、上で紹介した幹糸とハリを結ぶラインのことで、別名枝スとも呼びます。エサに自然な動きを与えるために必要なラインです。こちらも幹糸と同様に基本のシロギス釣り仕掛けを購入して使うのであれば、悩む必要のない部分でもあります。

Page top icon