シロギス釣りの餌の付け方

シロギスの最も一般的な餌の付け方

良型狙いの遠投用のエサの付け方  シロギス釣りにおいて、一般的な良型狙いで使用される餌のつけ方がこちらの画像のものとなります。タラシの部分は1cm程度に抑えて、虫エサがまっすぐになるように刺すのが大切です。タラシが長いと、そこだけ齧られてオシマイということもあります。また、タラシだけ齧られるようなことが続けば、つけ方を変えるべきです。

シロギスの食い込みが悪いときの餌の付け方

食い込みが悪いときのエサの付け方  上で紹介したつけ方でタラシの部分だけ齧られたり、食い込みが悪い時なんかはこちらのつけ方に変えるとかかりやすくなることがあります。最初からタラシをなしにして、このつけ方をされるベテランの方もいます。上のエサの付け方同様に虫エサがまっすぐなるように刺すことが大切です。

小型狙いと大型狙いの餌の付け方の違い

小型狙いと大型狙いの餌の付け方の違い  画像を見て何となく分かると思いますが、ハリを隠す程度につけるのは小型狙い&数狙いの時で、大型のシロギスを狙うときはタラシを大きくドーンとアピールすることが大切です。

代表的な虫エサの紹介

虫エサ シロギス釣りでは虫エサを基本的に扱うことになるのですが、地域地域によってその使い方やタラシが異なったりします。でもまぁ、どこも基本はほぼ同じだと思いますので、まずは基本を知っておきましょう。ジャリメ、アオイソメ、チロリ辺りがシロギス釣りの定番中のエサとなります。

イシゴカイ(別名:ジャリメ、イソゴカイ)

 鉄板中の鉄板のエサでベテランの方はこれしか使わないという方もいるくらいの虫エサです。どんな時でも使えるのですが、特に海が澄んでいるときに良いとされています。千切れにくいので、タラシが多少長くても、遠投で強く振り出しても大丈夫なことがある。

アオイソメ(別名:アオゴカイ、アオムシ)

 投げ釣り全般で使用される万能的なエサになります。ジャリメと比較して少し太いのでアピール力があるのですが、千切れやすく強くキャストすることができない。

チロリ(別名:スナメ)

 独特の赤さをもつ虫エサで、一昔前は食い渋りのあるときに使用するものだと言われていた。しかし、最近では普通に使われることも多くなった。ただ、体を勝手に千切るということがあり、体液で他のチロリが死んでしまうそうなので、一度使ったものは箱に戻してはいけない。

Page top icon