チョイ投げでシロギスを狙う

チョイ投げのイメージ 他のページでも紹介したように本格的なシロギスタックルで大遠投して釣るだけがシロギス釣りではありません。本格的な投げ竿ではなく、もっとライトな竿であったり、シーバスロッドやエギングロッドなんかでチョイ投げしてシロギスを狙うことも手軽で面白いのです。手軽である分シロギスの引きを堪能できるのもメリットですね。

チョイ投げのオススメポイント

チョイ投げのポイント チョイ投げはその名の通りチョイと投げることをモットーとしているので、可能な限りシロギスがいるところが近い方が有利です。主なポイントを上げるとすれば、漁港の湾内船が通る船道あたりがメインになると思います。どれも基本、足元からしっかりと水深のあるところで、もちろん底質は砂質のところが良い。

 さらにちょっとした根が絡む、カケアガリがあるなどの複合要素が絡めば、シロギス釣りにとって最高のポイントとなります。

チョイ投げのオススメタックル

 とにかく手軽な竿やタックルにしておくことがオススメです。具体的には3m以下の竿とスピニングリールというスタイルが一般的だと思います。釣具屋さんでもセットで2980円くらいの価格で販売されていると思いますので、入門竿としてちょうどいいと思います。

楽天で探してみる
Amazonで探してみる
Yahooで探してみる

 もちろん、上で紹介しているものよりもっともっと安い1200円くらいのセットもあったりするのですが、あっという間にダメになってしまうものもありますので、できれば3000~5000円以上のセットにしておきたいところです。

 また、シーバスロッドを持っている方であればそれでいいと思います。ただし、あまり重過ぎる重りを付けるのはロッドにも良くないので、その辺りのことは必ず考えておいて下さい。

チョイ投げの仕掛け

 釣具屋さんで販売されているキスのセット仕掛けで問題ないと思いますが、重りに関しては竿がどの程度まで重りの負荷に耐えられるか次第で変わってきます。竿にもよるので一概には言えませんが、大体ナス型重りの8~15号くらいが相場なのかなと思います。ジェット天秤が使えるのであればそれでも良いですが、チョイ投げっぽくはなくなりますね、苦笑。

楽天で探してみる
Amazonで探してみる
Yahooで探してみる
Page top icon